« 霞町「すゑとみ」 | トップページ | ポキィ山荘(屋根と煙突がつく) »

2008年6月15日 (日)

映画「インディ・ジョーンズ〜クリスタル・スカルの王国」

久しぶりのインディ・ジョーンズだ。一体、どのくらい前に見たんだろうか?と調べてみると第一作目の「失われたアーク」が27年前。ショーン・コネリーとの競演で話題になった第3作目「最後の聖戦」でも19年前である。懐かしい、というか、古いというか。そして、その古さそのままにノスタルジックな演出が散りばめられている。映画好きは、シーンのひとつひとつに名作映画の断片が詰め込まれていることを喜ぶだろう。一方で、昔、インディ・ジョーンズを初めて見た時に感じた、あのワクワク感、映画の可能性を拡張してくれたことへの驚き、新鮮さ、と言ったものは見られない。むしろ「蛇足」。つまり、この映画を本当につくるべきだったのか?という根本的な疑問が沸き上がってくるほど。Nは、それでも映画の楽しさ、娯楽性はある、と3点。Tは2.5点。合計5.5点。


Indyjones3Indyjones2Indyjones1

|

« 霞町「すゑとみ」 | トップページ | ポキィ山荘(屋根と煙突がつく) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霞町「すゑとみ」 | トップページ | ポキィ山荘(屋根と煙突がつく) »