« ハイアット リージェンシー 京都 | トップページ | 三十三間堂 »

2007年12月 1日 (土)

高台寺「和久傳 (わくでん)」

高台寺の門前にある「和久傳」本店にて「かに焼」料理を頂いた。料理のハイライトは、なんと言っても、板前さんが部屋に火鉢を運び込んで、目の前で越前蟹を焼いてくれるところだろう。香ばしいかおりが部屋中に漂い、ほんの少し窓を開けて換気する。冷気が部屋にすうーっと入ってくるが、掘りごたつで足下は暖かい。こういう風情が京都を感じさせてくれる。蟹爪をよく焼いて、お酒に入れた「かに酒」は、河豚ヒレ酒とはまた違った趣。「からすみ」を餅に巻いて焼いたシンプルな料理をNは、非常に気に入っていた。蟹雑炊の後は、熟した柿のデザート。

Wakuden1Wakuden2Wakuden3Wakuden4Wakuden5Wakuden6Wakuden7Wakuden8

|

« ハイアット リージェンシー 京都 | トップページ | 三十三間堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイアット リージェンシー 京都 | トップページ | 三十三間堂 »