« 高台寺「和久傳 (わくでん)」 | トップページ | The Harvest Vine »

2007年12月 2日 (日)

三十三間堂

本堂の内陣の柱間が三十三あるために三十三間堂と呼ばれていますが、正式には蓮華王院という名の天台宗の寺院です。もともとは後白河上皇の離宮・法住寺殿の一角にありましたが、長寛2年(1164)上皇が平清盛に命じてここに造らせました。五重の搭や不動堂などを従えて偉容を誇っていましたが、 度重なる震災ですべてを損失し、現在残っている本堂は文永3年(1266)に再建されたものです。(Web-Town京都)
残念ながら撮影は不可だったが、堂内を埋め尽くす1001体の観音像は、さすがに圧巻だった。

Sany0136Sany0138Sany0145Sany0143

|

« 高台寺「和久傳 (わくでん)」 | トップページ | The Harvest Vine »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高台寺「和久傳 (わくでん)」 | トップページ | The Harvest Vine »