« 「臼杵ふぐ 山田屋」 | トップページ | Launceston(ローンセストン) »

2007年12月28日 (金)

御座敷天麩羅「天孝(てんこう)」

久しぶりに、神楽坂の「天孝(てんこう)」に。ご主人が揚げるサイマキは、1本目と3本目で、揚げ具合を変えて違う味わいを楽しませてくれる。息子さんが揚げてくれた「蕗の薹(ふきのとう)」は、言われなければ小さい銀杏か豆にしか見えないが、口の中に入れると、驚くほどの薫りとわずかなほろ苦さ。「蕗の薹は、この小さいのが一番おいしいんです。大きくなるとちょっと下品になるんで。でも、見つけるのがたいへんなんですよ。」と。Nは気に入って2回も注文。Tは天茶で締める。「天孝は、おいしいね!再認識した」と、とても気に入った様子。鮑や雲丹のような派手な具は無いが、いぶし銀のような江戸前天麩羅だ。

Tenkou01Tenkou02Tenkou03Tenkou04Tenkou05Tenkou06Tenkou07Tenkou08

|

« 「臼杵ふぐ 山田屋」 | トップページ | Launceston(ローンセストン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「臼杵ふぐ 山田屋」 | トップページ | Launceston(ローンセストン) »