« Romanee-Conti Domaine de la Romanee-Conti 2002 | トップページ | アルバ産白トリュフの雑炊 »

2007年10月10日 (水)

Dom Perignon Rose Magnum 1990

ドンペリニョン・ロゼ マグナムボトル(Dom Perignon Rose Magnum 1990)。「ステーキかわむら」にて。17世紀の中葉にオーヴィレール修道院の会計係であった、ドン・ピエール・ペリニョンは発酵中のワインを瓶詰めして放置したら発泡性のワインができることを発見した。そこから彼の研究が始まった。彼の偉大なる発見/発明は2つ。より複雑なワインを造るには、試飲後に異なる葡萄をよいバランスでブレンドすること。そして、発酵の圧力に耐えられる瓶を用いて、そのコルク栓を固く紐で縛ることで発泡を閉じ込めることだった(現在は針金の留め具になっている)。こうしてドンペリは、ピノ・ノワールとシャルドネをほぼ同じ割合でアサンブラージュして、つくられるようになった(葡萄の出来の良い年にのみ)。1990年のロゼのマグナムは、完璧なバランスで、発泡も美しく、喉ごしも滑らかで、心地よい。

Dom_perignon1Dom_perignon2_11

|

« Romanee-Conti Domaine de la Romanee-Conti 2002 | トップページ | アルバ産白トリュフの雑炊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Romanee-Conti Domaine de la Romanee-Conti 2002 | トップページ | アルバ産白トリュフの雑炊 »