« I BALZINI Black Label 1999 | トップページ | リストランテ濱崎 »

2007年6月10日 (日)

フィリップ・パカレ(Philippe Pacalet)の3本

左から、ペルナン・ヴェルジュレス(Pernand-Vergelesses)2005。シャンボール・ミュジュニ(Chambolle-Musigny)2003。ジュブレイ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin)2005。最も、フィリップ・パカレの特徴が出ているのは、ペルナン・ベルジュレスかもしれない。あまり聞き慣れない村名ワインであるが、パカレのお花のような美しさ、これがワイン?と思えるほどの清冽さ、清らかさを感じる。ジュブレイ・シャンベルタンは、パカレにしても力強く、タンニンを感じるが、これは2005年ものであることを差し引いて考えるべきだろう。そして、うっとりするほど美味しかったのは、シャンボール・ミュジュニだった。2003年というアドバンテージもあるのだろうが、本当に完成度が高いと感じた。しかし価格は12000円と安くはない。次に買うならペルナン・ヴェルジュレスか。

Pacalet030505

|

« I BALZINI Black Label 1999 | トップページ | リストランテ濱崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I BALZINI Black Label 1999 | トップページ | リストランテ濱崎 »