« Saulieu~Montbard | トップページ | Hotel Ritz Paris »

2007年5月 2日 (水)

Paris

パリでは典型的な観光客として、まずはルーブル美術館へ。Tは初めてでワクワク。映画「ダヴィンチコード」で見たことがあるガラスのピラミッド前で記念写真を撮ったり。サモトラケのニケ女神像、ミロのヴィーナス、モナリザ、などの名物を鑑賞したり。フェルメールの「レースを編む女」は、30cm四方くらいの、ほんとに小さな作品で、気づかずに通り過ぎていく人もいてびっくり。またルーブル美術館には、近代以降の絵画はほとんど無いことがわかって、さらにびっくり。ルーブルの後は、コンコルド広場の噴水の前で記念写真を撮ったり。オベリスクの写真を撮ったり。観光三昧。ちなみに、このオベリスクは、エジプトのルクソール神殿にあった一対のうちの一本。残りの一本は、今もルクソールにあるという。

Louvre1Louvre2Louvre3Louvre4Concorde1Concorde2

|

« Saulieu~Montbard | トップページ | Hotel Ritz Paris »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Saulieu~Montbard | トップページ | Hotel Ritz Paris »