« LA TACHE 1976 | トップページ | 安田記念を貴賓席で・・・ »

2007年5月31日 (木)

Chateau Mouton Rothschild 1976

シャトー・ムートン・ロートシルト(Chateau Mouton Rothschild 1976)。ステーキかわむら、にて。ブルゴーニュの次はボルドー・ポイヤックの76年を。想像していたよりも、大人しい印象で、カベルネソービニョンも、ここまで枯れると、こんなに優しくて、親しみやすくなるのかと驚いた。そして、2つの76年を飲み比べるという贅沢を試みた。双方、艶やかで魅力的で、30年以上の歳月が、磨きをかけた深みある色彩と味わいは、これまでのワイン観を変えてしまいそうなほど。真のワインには長い歳月が必要なのだ・・・しかし、こういうのにハマると危険だ。あぶない、あぶない。

Mouton1976

|

« LA TACHE 1976 | トップページ | 安田記念を貴賓席で・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LA TACHE 1976 | トップページ | 安田記念を貴賓席で・・・ »