« 千住博展(山種美術館) | トップページ | 「ひとかげ」 よしもとばなな »

2006年12月18日 (月)

ダリ回顧展

サルバドール・ダリの回顧展が、今、開催される事の意味や時代的状況を、改めて考えさせられる展覧会であった。ダリという作家を知る上では、非常によくまとめられた素晴らしい展覧会だと思った。編年的に作家を辿れるくらいのボリューム感も、一貫性もある。二人で「スペインのダリ美術館に行きたいねえ」と話したほど。カタログの出来も素晴らしい。Nは4点。Tは4.5点。合計8.5点。(実は、Tは5点をつけていたのだが、「私はダリでしょう?」という、爆笑問題の太田が考えたようなキャッチコピーとフジテレビアナウンサーによる演技がかった作品解説が、少しマイナスしたようだ)。

Dali

|

« 千住博展(山種美術館) | トップページ | 「ひとかげ」 よしもとばなな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千住博展(山種美術館) | トップページ | 「ひとかげ」 よしもとばなな »