« Clos de Tart 2002 | トップページ | アロマフレスカ(Aroma-Fresca) »

2006年12月 3日 (日)

憂鬱なパインレーク

神戸出張のついでに、ゴルフの師匠K氏・石原家のライバルS氏と共にラウンド。
R・T・ジョーンズJr設計のパインレークゴルフクラブは、難易度が高いトリッキーなコースだった。
フェアウエイは狭く、グリーンの奥はすぐOB。ナイスショットがスコアに反映しないコースで、爽快感はなく憂鬱な気分。
1987年に三菱ギャラントーナメントが開催されたらしいが、当時優勝したB・ジョーンズは「ぐったり疲れるが、そういう難しいコースが好き」とコメントしたらしい。確かにぐったり疲れるコースである。
(パインレークゴルフクラブ)

P1010088P1010090P1010091P1010094

|

« Clos de Tart 2002 | トップページ | アロマフレスカ(Aroma-Fresca) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Clos de Tart 2002 | トップページ | アロマフレスカ(Aroma-Fresca) »