« エノテーカ・ピンキオーリ(東京) | トップページ | プライムリゾート賢島 »

2006年11月 3日 (金)

「モリ」のスパゲティ

我々は高校時代、近鉄宇治山田駅のそばにある「モリ」という喫茶店で、よくスパゲティを食べた。二人はその味が忘れられず、何度か自宅でそのスパゲティの再現を試みるのだが、いまひとつピンとこない、そんな思いを募らせながら、その後の人生を生きてきた。じゃあ、もう一回食べにいってみよう。30年以上の歳月を経て我々は「モリ」に到着。早速、バナナジュース(250円)、クリームソーダ(250円)とスパゲティ(450円)を注文。昔通りの味に感激。記憶より実際は、玉子が多くて、クリーミーで柔らかいつくりだった。とにかく、店が現存していることと、安い値段に驚いたのだった。

Mori1Mori2Mori3Mori4

※10日後、上記の経験を踏まえて、自宅にて「モリ」のスパゲティを再現してみた。以下が、その写真である。
過去のものよりは、格段にレベルアップしていると思われるが、赤いウィンナー、熱々の鉄板による仕上げ速度など、課題も残す結果となった。

Morispa

|

« エノテーカ・ピンキオーリ(東京) | トップページ | プライムリゾート賢島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エノテーカ・ピンキオーリ(東京) | トップページ | プライムリゾート賢島 »