« 高田屋「鱒の寿司」 | トップページ | ATA RANGI pinot noir 2001 »

2006年9月20日 (水)

天麩羅 深町(ふかまち)

京橋にある「深町」の天麩羅は『あんかけ汲み上げ湯葉』の付きだしから始まり『車海老の頭』から『車海老の身』へと移る。『鮑』は、とてもやわらかくて味わい深い。季節の『松茸』も、素晴らしい。しその葉に雲丹をたっぷりと包んで揚げた『雲丹てんぷら』をNはたいへん気に入ったようで、コースが終わった後に、別注していた程。季節の食材をたくさん取り入れたバラエティに富んだ天麩羅も、いいものだなあと感じた。写真は、鮑、松茸、雲丹。

AwabiMatsutakeUni

|

« 高田屋「鱒の寿司」 | トップページ | ATA RANGI pinot noir 2001 »

コメント

寿司は、世界的な食べ物になったのに、天麩羅はまだですね。なぜでしょうかねえ?

投稿: tnkz | 2006年9月29日 (金) 18時27分

雲丹は、まだ許せるとしても、鮑と松茸はたまりませんね。
なんという画像良さでしょう。鮑の切り口、罪作りですね。
唾どころか、涙が出てきました。食べたい、、
ロンドンには、てんぷら屋は、無いのです、、

投稿: takuya | 2006年9月27日 (水) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田屋「鱒の寿司」 | トップページ | ATA RANGI pinot noir 2001 »