« 老四川 飄香(Piao Xiang) | トップページ | さすがのバブルキング »

2006年9月29日 (金)

Chateau Troplong Mondot 2002

シャトー・トロロン・モンド(Chateau Troplong Mondot 2002)。自宅にて。メルロー80%、カベルネフラン10%、カベルネソービニョン10%。2002年のビンテージに対して、Rパーカーは「この難しい年に、これ程の輝かしさを引き出せるのは、当主のクリスティーヌ・ヴァレットだからである。」と評し、92〜94点をつけている。この後、トロロンモンドは、プルミエ・グランクリュ・クラッセBに昇格した。評価が高い割には、まだ値段はお手頃価格であり、既に飲み頃を迎えているという点が歓迎される。シルキーで、やさしい口当たりで、しなやかなタンニン。Nは「昔だったら、ちょっとたよりない、と言ってしまったかもしれないサンテミリオン」と評している。

Mond

|

« 老四川 飄香(Piao Xiang) | トップページ | さすがのバブルキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老四川 飄香(Piao Xiang) | トップページ | さすがのバブルキング »