« プリムール(Primeur) | トップページ | Chateau La Pointe 1996 »

2006年5月18日 (木)

ピエール・ガニェール・ア・東京

ピエール・ガニェール・ア・東京(Pierre Gagnaire a Tokyo)。「ピエール・ガニェール・パリ」が三ツ星を獲得したのが1998年。この南青山の東京店は、ヨーロッパ以外で初の展開となる店舗として話題になった。彼はフランス料理界のピカソと言われるほど、独創性、創作性が高いとされる。ロゴのついたオリジナルの磁器はフォルムが美しい。伊勢エビの中から、いろいろな野菜が出てきたのに少し驚く。前沢牛と甲イカを一緒に食べるステーキは、おいしくて感心。また、お皿の中央に料理を盛りつけるのでなく、皿の周囲にはみ出して並べられる様は、不思議なバランスを保つ。この盛りつけを真似する料理人が増えているらしい。接客のレベルは高く、心遣いもしっかりしていて三ツ星ホルダーの風格を感じさせる。厨房が覗ける円形の室内空間は、個性的ではあるが、やや狭まくて窮屈に感じられた。もったいない。

Pierre1Pierre2Pierre3Pierre5Pierre4Pierre6

|

« プリムール(Primeur) | トップページ | Chateau La Pointe 1996 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリムール(Primeur) | トップページ | Chateau La Pointe 1996 »