« 夜桜(ライトアップ) | トップページ | 桜の川 »

2006年4月 3日 (月)

Chateau Mouton Rothschild 1998

このブログ『ワインな毎日』の最初に「そもそも、どうしてこんなに赤ワインを飲みようになったのかというと、二人が出会った時に飲んだ、シャトームートンがきっかけだったようだ(略)。」と書いたが、そのワインが、この1998年のシャトームートン・ロートシルトであった。今回は、高校時代の同窓生達と花見をしながら飲みました。
あの頃(3年前)、1本17000円程度だったこのヴィンテージは、今や28000円くらいになっているようだ。やはり、ハイレベルなボルドーは、素晴らしいバランスで、肉付きも、ほどほどに引き締まっており、滑らかで、かつ繊細だ。みんな、おいしいおいしいと飲んで、あっという間になくなり、結局1本では足りなくなった。ドンペリやブルゴーニュのヴージョ、ヴァランドローのセカンドなど、この日、6本のワインがサクっと空いた。

Mouton

|

« 夜桜(ライトアップ) | トップページ | 桜の川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜桜(ライトアップ) | トップページ | 桜の川 »