« Torbreck The Factor 2001 | トップページ | 新アイアン登場 »

2006年4月12日 (水)

Baron de Pichon-Longuevilles 2000

バロン・デ・ピション・ロングヴィル(Baron de Pichon-Longuevilles 2000)。家で味噌鍋をつつきながら、飲みました(最近、味噌系が多い我が家)。インクのような紫色で、甘草、ややスパイシーなフルボディ。久しぶりに、典型的なボルドーワインをのんだ感じです。カベルネ60%、メルロー35%、カベルネフラン4%、プティベルド1%。あまり高い評価をつけてこなかったRパーカーも、この2000年には、96点をつけている。そのくらい完成度が高いと感じました。ちょっと、味噌鍋に合わせるのは、可哀想だったと反省。

Pichon

|

« Torbreck The Factor 2001 | トップページ | 新アイアン登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Torbreck The Factor 2001 | トップページ | 新アイアン登場 »