« 鳥羽の赤魚とメバル | トップページ | Echezeaux Emmanuel Rouget 2001 »

2005年12月30日 (金)

La Fleur-Petrus 1997

ラフルール・ペトリュス(La Fleur-Petrus 1997)。メルローとカベルネフランの魅力が存分に引き出されたワインと言えるかもしれない。若草のような香りと口の中に広がるアロマは、格別に豊かでうっとりするほど。飲むほどに果実味と深い甘みが続く。タンニンは控えめ。メルロー85%、カベルネフラン15%。ラフルールとペトリュスの間にある畑であることから、この名前がついたらしい。韓国の金浦国際空港で$133で購入

lafleur

|

« 鳥羽の赤魚とメバル | トップページ | Echezeaux Emmanuel Rouget 2001 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥羽の赤魚とメバル | トップページ | Echezeaux Emmanuel Rouget 2001 »