« 仲良し編 | トップページ | Margaret River Willespie 1997 »

2005年12月27日 (火)

Caymus 2003

K氏からのプレゼント。深い甘みと香ばしい樽香が、口中に広がる。Caymusは72年にナパのラザフォードに設立され、卓越したカベルネの生産者として名高い。

caymus

|

« 仲良し編 | トップページ | Margaret River Willespie 1997 »

コメント

お疲れ様です。Mです。コメントをしっかり読んでいなかったので、タイミングは外したレスで、すいません。でも、Mも出ていたんだと確認できうれしかったです。ゴードン ラムジイは、予約が取れないと聞いており、予算的にもバゼットを超えておりますので、T&N氏が、来られた時にと残しております。(笑い)ただ、先日 The Berkeley Hotel のフランス料理 Petrusに行きました。ザカットで、27点が付いています。(ゴードンは、28点) 8コースのお勧めを食べました。すこしずつゆっくりと出てきて、4時間を越える食事でしたが、十分満足のいくものでした。あえて言えば、昨年10月のドイツの2つのレストランの真ん中あたりの感じです。ただ、ワインをデカンタしてくれなかったのが、気になりました。あまり高いワインを注文しなかったからでしょうか?(50ポンド程度)Petrusというのが、有名ワインの名前であることを、このプログで後日知り、こんなことも知らないんだと反省している今日この頃です。

投稿: takuya | 2006年3月14日 (火) 00時44分

M氏にはいつもおいしいワインをいただいて喜んでます。
ブログを始める前にみんな飲んでしまったので、なかなか登場しませんでした。
ところでM氏には、まんぷくに登場するゴードン・ラムゼイについてのコメントが欲しいところです。
ロンドンの3つ星らしいですからね。

投稿: nbk | 2006年3月13日 (月) 20時02分

ひじょーにタイミングのズレた感じのレスが、M氏らしくていいねえ。Caymusは、OpusOneの替わりに飲むのに、とてもいいです。これまでに、もう4本くらい飲んでます。大体、レストランでは$130くらいが相場になってますね。いいワインですよ。ご心配なく。そして、お気遣い無く。

投稿: tnkz | 2006年3月13日 (月) 10時34分

M氏とは、ロンドンのMですか?
うわさによると、彼はK氏は良く登場するがMが一度も出ないので焦っているようです。いつも、空港のDuty Freeで買っているのがいけないと感じたのか、最近移転した新事務所のそばのワインショップで、研究しているようです。
近々、日本に行くと言っていましたよ。

投稿: Takuya | 2006年3月12日 (日) 21時08分

今日、M氏からもらったこのワインCaymus 2003を飲んだ。肴は7−11のおでん。ナパらしい、甘くて、コクがあって、黒糖のような香ばしさ、という表現は適していないだろうか?

投稿: tnkz | 2006年1月21日 (土) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仲良し編 | トップページ | Margaret River Willespie 1997 »